一般社団法人
日本介護支援専門員協会
JCMA Japan Care Manager Association
文字の大きさ
メニュー
厚労省「第27回社会保障審議会介護保険部会」を開催

7月26日、第27回社会保障審議会介護保険部会が開催されました。

今回は、制度の見直しに向けて同部会での検討スケジュール案が示されました。
これをもとに、検討すべき事項の確認、主な論点について内容の確認が行われました。

当協会の木村会長は、介護保険施設の機能について、「施設内のケアマネジメントをしっかり行うことが大事。
ケアマネジメントの連続性により入所者は住まいが変わろうとも安心できることになる」「老健の支援相談員、特養の生活相談員、それと介護支援専門員は法律上では全く同じような表現で役割が記載されているが、今回はこの3つの役割をはっきりさせて、入退所をスムーズにさせるべき」と述べました。

また、介護保険のデータ上では介護給付費から支払われているサービスの提供状況しか分からないため、ボランティア等インフォーマルサービスの利用状況も含め、要介護者がどのようなサービスで支えられているのかを全て把握できる形で調査をやる必要性があることなどを述べました。

その他の発言内容及び議論の内容は、近日中にメールマガジンで配信する予定です。

配布資料はこちらから。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000gp57.html

 

 

 

 

 

 

 

 

以上

アンケート回答 新規会員登録 操作に関するお問合せ
ページTOPへ