一般社団法人
日本介護支援専門員協会
JCMA Japan Care Manager Association
文字の大きさ
メニュー
厚労省「社会保障審議会 後期高齢者医療の在り方に関する特別部会」を開催

平成19年7月30日、厚労省において「社会保障審議会後期高齢者医療の在り方に関する特別部会(第10回)」が開催されました。

平成20年4月より75歳以上の方を対象とした、新たな診療報酬体系「後期高齢者医療制度」が導入され、今にも増して「医療」と「介護」の連携が重要になってきます。特別部会では昨年10月以来、後期高齢者の心身にふさわしい医療が提供できるように、後期高齢者医療のあり方について審議されています。

議論の中では介護支援専門員の役割の重要性、特に「連携」に関することが多く指摘されていますので、お知らせいたします。

  • 主な議論の内容は、会員専用頁に「傍聴メモ」を掲載しておりますのでご覧ください。
    (行政関連情報>医療保険制度>後期高齢者医療の在り方に関する特別部会>「傍聴メモ」)
  • 特別部会の資料は「WAMNET」をご覧ください。

以上。

アンケート回答 新規会員登録 操作に関するお問合せ
ページTOPへ