一般社団法人 日本介護支援専門員協会

文字 :

文字を大きくする文字を小さくする文字の大きさを元に戻す
 

 

トップ > お知らせ > 研修会・大会のご案内 > 当協会主催研修会の開催予定 > 緩やかな因果関係図を使った現場課題の見える化業務改善や効率化に向けたワークショップ
平成30年度「介護サービス事業における生産性向上に資するガイドライン作成等一式」(厚生労働省委託事業)

2019:01:22:17:46:23

緩やかな因果関係図を使った現場課題の見える化業務改善や効率化に向けたワークショップ
平成30年度「介護サービス事業における生産性向上に資するガイドライン作成等一式」(厚生労働省委託事業)

近年、様々な産業分野において「生産性向上」に対する関心が高まっています。介護分野においても、需要は増加し、生産年齢人口が減少する影響を受けると考えられます。そのため、例えば、介護の質を維持・向上しつつ、利用者への直接的な介護業務の負担軽減だけでなく、記録や事務管理の合理化、サービスを提供する上での環境整備の推進、スタッフ間の役割分担や手順の見直し等を図り、そのような業務全体の効率化に関する研究や取組み事例を共有する重要性が指摘されています。

このワークショップでは、平成30年度「介護サービス事業における生産性向上に資するガイドライン作成等一式」(厚生労働省委託事業)の普及啓発の一環として、「緩やかな因果関係図」づくりを体験いただき、介護サービス事業所の課題の抽出や構造化に簡単に取り組める方法をご紹介します。

●日時:平成31年1月26日(土)13:00~15:00

●場所:大阪介護支援専門員協会 会議室(O・Cホール)
      〒540-6591 大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル3階

●定員:30名(先着順) 

●参加費:無料

●プログラム
・13:00~13:02 
 開会挨拶(一般社団法人日本介護支援専門員協会)
・13:02~13:07
  「平成30年度介護サービス事業における生産性向上事業概要説明」
 説明者:株式会社NTTデータ経営研究所
・13:07~13:17 
  平成30年度事業で創出した事例紹介
 「介護サービスにおける生産性向上の取組事例~平成30年度事業の取組から~」
 説明者: ケアプランハウス クッキー 糸川裕美 氏
・13:17~13:20 休憩
・13:20~14:50 
 ワークショップ
 「ゆるやかな因果関係図 ~現場の課題を見える化~」
 ファシリテーター:株式会社NTTデータ経営研究所
・14:50~14:55 閉会挨拶(一般社団法人日本介護支援専門員協会)
・14:55~15:00  ワークショップアンケート記入

●申込み方法
 申込書に必要事項をご記入の上、日本介護支援専門員協会事務局までファクシミリ(03-3518-0778)にてお申込みください。
  申込み用紙はこちらpdf_icn.gif
 締切日:平成31年1月23日(水)正午

●気づきシートの提出のお願い
 参加者の皆様には、事前に以下の「気づきシート」にご記入いただき、当日お持ちいただきますようお願いします。
 ※参加者の皆様には、申込時にご記入いただきましたメールアドレスにもお送りいたします。
 
1.気づきシートの使い方_研修会(※シートの使い方、記入例です。)
2.気づきシート_提出用紙(1個版)(※A4の紙で1個の気づきを記入できる様式です)
3.気づきシート_提出用紙(4個版)(※A4の紙で4個の気づきを記入できる様式です)
 ・上記の②または③の様式で”気づき”が記入されたものを、研修会当日にお持ちください。